ファンキー日光!Pro

 
 

とちおとめ使いご当地「いちごカレー」発売

  1. 19:00:44
【日光】所野の食品卸会社「永井園」(永井有三社長)が、とちおとめを使ったご当地カレー「いちごカレー」を発売した。全国でご当地カレーがブームになる中、「栃木の名産でもあるイチゴをアピールしたかった」と、考案した2人の若手社員。真岡産のとちおとめをふんだんに使い、フルーティーなカレーに仕上げた。真岡市の「道の駅にのみや」で先行販売してる。

いちごカレー

 考案、企画したのは同社営業部の滝田雅史さん(28)、渡部勝夢さん(19)の2人。取引のある同道の駅から「イチゴを使った面白いものはできないか」と持ち掛けられ、企画した。

 水戸市の「納豆カレー」や山形の「さくらんぼカレー」、福島の「白桃カレー」。ご当地カレーは今、全国で地域おこしのツールとしてブームを呼んでいる。「栃木はイチゴが有名なのに、なぜイチゴのカレーがないのか」。そんな疑問を滝田さんたちは抱いていたという。

 昨年10月ごろから企画を進め、昨年末には試作品が完成。レトルト食品の「いちごカレー」は、真岡市内で生産したとちおとめをピューレにして加工。カレーの辛さとイチゴの酸味、甘さをマッチさせ子供でも食べやすいカレーにした。

 同社はこれまで「よしみの夜明けケーキ」など政治家をパロディー調にアレンジしたお菓子や、土産品の企画を手掛けてきた。カレーなど本格的な食品の企画は初めてで、月産2500食を目指すという。

 「地産地消が注目され、地場のものを使って何かを作りたかった」と滝田さん。渡部さんも「これをきっかけに栃木のイチゴがもっと全国に広がれば」と期待を膨らませる。

 「イチゴのカレー」は1人前200グラム、525円。問い合わせは永井園電話0288・54・3375。

 
 
 
 

「寒ざらしそば」商品化へ本格始動

  1. 10:13:17
「寒ざらしそば」の仕込みが市内や鹿沼の有志グループの手で始まった。冬の日光の厳しい自然を生かし、商品化に向けて昨年から試験的に取り組んでいる。今シーズンは昨年の3倍に当たる360キロ、3千食分を生産。県内の百貨店やそば店に出荷する予定だ。商工会議所や観光協会なども新たに巻き込み、日光の新しい名産づくりに向けた動きが本格化している。

 かつて雪国の特産として将軍家に献上された寒ざらしそばは、ソバの実を厳冬期の清流や雪原にさらし、あくを抜くことで甘みや風味を引き出す。日光のきれいな水や厳しい自然条件が寒ざらしそば作りにぴったりだという。市内で食品関係の会社を経営する片浦孝人さん(56)や鹿沼市で製粉・製めん業を営む米山慎太郎さん(39)ら有志が昨年から生産を試みている。

 仕込みは天然氷の製氷池に伏流水を引き込み、その清流で日光産と鹿沼産の2種類のソバの実をさらす。水温は1度。水温が高いと実が発芽しようとして良いそばができなくなるという。

 清流に1週間ほどさらした後は霧降高原の雪原で寒風にさらし、その後氷室で保管。春にはそばができる。

 6日に行われた仕込み作業には、日光商工会議所関係者らも視察。「日光の資源づくりに一緒に取り組めれば」と事業化を検討していることも明らかにした。

 来年は1トンの生産を目指すという米山さん。「昨年試験的に作ったところ、夏のギフトなどとしての評判が良く、可能性を感じた。いよいよ本格的始動。楽しみでもあり期待もしている」と話していた。

寒ざらしそば

 
 
 
 

日光 天然の氷 四代目徳次郎

  1. 11:59:03
日光 天然の氷 四代目徳次郎

 日本には、さまざまな「伝統的な手法」で作られるものがある。その多くが今、後継者不足や機械化の波にのまれ、消え去ろうとしている。だが技術は一度途絶えると、復活することは非常に困難だ。惜しい、なんとしても“この土地だからこそ生まれた技術”を守りたい。そんな思いで、極寒の季節の氷造りにひたむきに励む人たちが、日光にいる。泡のない美しい天然氷には、清冽な水の甘さが凝縮されており、お酒によし、かき氷によし。きれいな水が湧き、冬の寒さは厳しいが雪はそれほど多くない土地が生み出した、日光の天然氷だからこその味だと、作り手は胸を張る。平成の今も、伝統的な手法を守り伝える人々の熱意を受けて、氷はきらきらと輝く。

 詳しくは・・・→こちら

 
 
 
 

レモン牛乳CM

  1. 12:41:48

 
 
 
 

乳茸(チタケ)のシーズン

  1. 20:58:21
 チタケと言えば「チタケうどん」・「茄子との油炒め」が一般的です。私は乳茸のダシが効いたうどんが一番好きで取ってくるといつもそうしてます。

 さて、クワ採りに行ったらチタケも取れて一石二鳥でした。チタケとクワガタは同じポイントで取れる事が多く木を蹴飛ばしながら足元にも注意して林を一周するとけっこう取れてしまいます。

●日光の乳茸(チタケ)

日光の乳茸(チタケ)


う〜ん・・ヨダレが出そう・・・・だぜぃ!

 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved