ファンキー日光!Pro

 
 

日光輪王寺逍遥園でライトアップ

  1. 11:45:48
紅葉の名所として知られる日光市山内の日光山輪王寺の日本庭園「逍遥園」で、25日からライトアップが始まる。24日には試験点灯が行われ、赤や黄色に色づき出した木々が、闇夜の庭の池に、幻想的な姿を現した。  同園は、江戸時代前期の造園家小堀遠州の作と伝えられる名園。植栽はカエデが多く、日光山に自生する種が約70本植えられている。  ライトアップは、同寺など「日光の社寺」の世界遺産登録10周年を記念して始まり、3年目。80基の照明で照らされた紅葉は闇夜に映え、園内中心の池に映る姿も楽しめる。  同寺によると、今年は色づきも鮮やかさも例年並みで、見ごろは11月初旬という。  ライトアップは11月15日までの午後5時〜同8時。料金は300円(保護者同伴の中学生以下は無料)

●日光輪王寺逍遥園

日光輪王寺逍遥園

<下野新聞>

 
 
 
 

瀬戸合峡の紅葉

  1. 11:47:34
とちぎ景勝100選になっている日光市川俣の瀬戸合峡で紅葉が鮮やかに色づき始めた。

 瀬戸合峡は鬼怒川に架かる野門橋から川俣ダムまでの約2キロ。両側は高さ100メートル以上の断崖絶壁が続き、岩壁を根付く木々がモザイクのように色を染める紅葉の名所になっている。ダムと峡谷が間近に望める「渡らっしゃい吊り橋」には紅葉狩りの人たちが訪れ、峡谷を染める紅葉に息をのんでいた。日光市栗山総合支所によると、見ごろになるのは今月20日前後という。

 東京・世田谷から家族3人で訪れた畠谷和子さん(50)は「中国(山水画)の風景に似ている。所々に赤がある渓谷美がとてもきれい」と見とれていた。

瀬戸合峡の紅葉

<下野新聞>

 
 
 
 

紅葉と霧氷のコントラスト 日光白根山

  1. 16:52:21
栃木、群馬県境の日光白根山(2578メートル)の山頂で、例年より2週間ほど早く低木に霧氷が付き、山麓の紅葉とのコントラストを織りなしている。

 日光白根山ロープウェー(群馬県片品村)によると、いつもは10月下旬にみられる初冠雪を3日に観測。これを境に、山頂付近では霧氷や霜が付くようになったという。このため、中腹にある五色沼周辺では紅葉より早く落葉が始まった。

 12日も冷え込み、山頂の温度計は正午になっても2度しか上がらず、登山者たちは震えながらも山頂の眺望を楽しんでいた。千葉県市原市、木村隆行さん(61)、洋子さん(55)夫妻は「五色沼の紅葉は残念でしたが、霧氷を見て驚きました」と話していた。

日光白根山の霧氷

<下野新聞>

 
 
 
 

奥日光で 初霜、初氷

  1. 16:13:56
奥日光は28日早朝、この秋一番の冷え込みとなり、初霜と初氷が同時に観測された。昨年に比べ20日早いが、例年は秋分の日前後の観測が多いため、若干遅め。

 標高1394メートルの戦場ケ原付近は午前6時で気温が氷点下3度。群生するクマザサやノアザミなどが霜で薄化粧し、男体山から漏れる朝日に白く輝いた。

 観測用に置かれた二つのバケツには厚さ1〜4ミリの薄い氷が丸く張った。

 同所で物産店を経営しながら気象観測を続ける鶴巻正男さん(62)は「台風が通過した後から、一気に冷え込んだ。来月10日前後には戦場ケ原周辺で紅葉を楽しむことができるのではないか」と話していた。

9/28日光で初氷

 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved