ファンキー日光!Pro

 
 

湯西川で「プロジェクト」開始

  1. 12:41:57
亜細亜大(東京都武蔵野市)で観光を学ぶ学生たちが、湯西川地区の振興策を考える「湯西川魅力拡大プロジェクト」をスタートした。11〜13日には20人余りが現地入り。各戸を訪ね、中学生以上の住民全約500人に配ったアンケートの回収に当たった。代表を務める同大経営学部3年の浅見幸恵さん(21)は「若者にも湯西川の魅力を知ってもらえるよう、良さを拾い上げていきたい」と話している。

 プロジェクトは、同学部ホスピタリティ・マネジメント学科の二つのゼミが、合同で取り組む。メンバーは2、3年生計27人。

 湯西川との出合いは、ゼミ生を指導する小林天心教授(67)が4年前、湯西川温泉旅館組合にアドバイザーとして招かれたことがきっかけという。

 同温泉の宿泊者は15年前のピーク時に約40万人を数えたが、昨年は約22万人にまで減少。今回、より魅力的な湯西川の将来について、学生から何か役立つ提案ができないか、と取り組むことにした。

 アンケートは、現状の受け止め方、外国人観光客などについて聞いた。観光関係者以外の思いもくもうと、中学生以上の全住民に実施。各戸を訪ね、事前に配っていた用紙を回収しながら、対面での聞き取りも行った。

 「話を聞いていくと、観光施設や景観について思っていることがあった」と浅見さん。アンケート結果は1月までにまとめ、早ければ3月ごろ、湯西川で報告会を開きたいという。学生を受け入れた本家伴久の浅野容宏さん(72)は「結果には関係者だと分からない側面も表れるのでは。若者の視点にも期待したい」と話している。

<下野新聞>

 
 
 
 

日光手打ちそばの会が106店紹介のガイドブック

  1. 11:21:00
日光手打ちそばの会加盟の106店を紹介したガイドブック「日光手打ちそばめぐり」(幹書房、1500円)が刊行された。各店で食べられるそばの写真や主人のこだわりなどに触れた記事は、食べ歩きに役立ちそうだ。

 これまで各店の基本情報を記した無料のパンフレットはあったが、有料の冊子は初めて。

 店を知るための基本情報はもちろん、店ごとにそばや店舗外観の写真を載せ、地図を添えた。記事では店のこだわりや人気メニューのほか、開店した経緯なども紹介している。

 また、そば好きの年配客にお薦めの散策スポットや市内の温泉情報も収めた。

 同会の我妻一義会長は「保存版として活用してもらい、日光のおいしいそばを食べてほしい」と話している。

 ガイドブックは書店で購入できるほか、18〜21日に日光だいや川公園で開かれる日光そばまつり会場の本部テントで販売する。

日光手打ちそばの会が106店紹介のガイドブック

 
 
 
 

日光「栗山」世界に発信 地域おこし隊員委嘱

  1. 11:03:32
都市住民が山間地に移住し地域活動などを支援する「地域おこし協力隊」の栗山地区隊員2人が2日、斎藤文夫市長から委嘱状を受け取った。

 「地域おこし協力隊」は、都市部の意欲ある人材が過疎地に移住し、地域で生活しながらコミュニティーの維持や地域資源活用による振興など地域の活性化につながる活動をする事業。県内では日光市が初めてで、10月から足尾地区で2人が活動しており、栗山地区の2人と合わせ計4人となった。

 今回委嘱されたのは、さいたま市から移住する青山裕之さん(31)と東京都江戸川区からの土屋小枝(30)さん。

 青山さんは広告制作会社でホームページなどを製作するウェブプロデューサーとして8年ほど勤務。旅行が趣味で全国各地を旅してきたという。「現場から発信することで、旧日光から栗山への観光客の流れをつくりたい」と意気込む。

 土屋さんは、マッサージ師の経験があり、震災発生後には福島県の2次避難所で約3カ月間、マッサージをしながら高齢者と触れ合ってきた。「今後は、地元に溶け込む中で魅力を発掘し、都会とつなげる役割を担いたい」と抱負を語った。

  日光栗山・地域おこし協力隊

<下野新聞>

 
 
 
 

光と影 日光二社一寺、ライトアップ

  1. 16:24:34
紅葉シーズンを迎えた世界遺産を光と影で演出する「ライトアップ日光2011」が3日夜から日光市山内の二社一寺でスタートする。2日夜には実行委員会が試験点灯を行い、入念に最終チェックを行った。

 17回目の恒例イベント。日光東照宮五重塔や日光山輪王寺の護摩堂、日光二荒山神社拝殿など9カ所がライトアップされ、森閑とした聖域が幻想的な雰囲気に包まれる。

 今回から輪王寺と二荒山神社境内に計1万2千個の発光ダイオードのキャンドルを設置し、イベントを盛り上げる。

 ライトアップは5日までの午後6時から午後9時。午後6時から午後8時まで30分おきに殿堂案内人による案内ツアーが行われるほか、けんちん汁なども振る舞われる。

ライトアップ日光2011

<下野新聞>

 
 
 
 

第1回霧降高原トレイルレース

  1. 12:05:49
第1回霧降高原トレイルレース

霧降高原を舞台にしたトレイルランニング「第1回霧降高原トレイルレース」が12、13日に開催される。マラソンや登山の要素を併せ持つ「トレイルレース」は、近年人気が高まり、県内では足利や宇都宮でも実施されている。実行委員会は今後コースを増設するなどして、国内屈指の大会にする構想も描いており、多くの参加を呼び掛けている。

 トレイルレース、トレイルランは、舗装されていないハイキング道や林道などを走る競技。

 今回は、ニュー霧降キャンプ場を発着点に周辺のハイキング道などを利用したスタンダード(12キロ)とショート(5キロ)の2部門。スタンダードは16歳以上の男女、ショートは小学生と保護者2人1組を対象とする。定員と参加料は、スタンダードが300人で3千円、ショートが150組で5千円となっている。

 レース参加者は、水分補給用のドリンクを1リットル以上、雨具、ライト、防寒具などの携行が必要。レース中にごみを捨てるなどすると失格になる。

 レースは、市民団体が「日光を元気にする」イベントとして提案、市の個性ある地域振興事業の一つに選ばれている。大会を運営する日光アウトドアフェスティバル実行委員会の坂内剛至実行委員長は「初心者でも楽しめるコース設定になっています。今回を成功させて、来年の大会につなげたい」と地域活性化に意気込みを見せている。

 12日はマウンテンバイク試乗会やアウトドア料理などのワークショップや競技説明・パーティーを予定。13日にレースが行われる。

 問い合わせは同実行委員会電話0288・78・1177。パワースポーツのホームページに詳細が掲載されている。

 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved