ファンキー日光!Pro

 
 

日光「栗山」世界に発信 地域おこし隊員委嘱

  1. 11:03:32
都市住民が山間地に移住し地域活動などを支援する「地域おこし協力隊」の栗山地区隊員2人が2日、斎藤文夫市長から委嘱状を受け取った。

 「地域おこし協力隊」は、都市部の意欲ある人材が過疎地に移住し、地域で生活しながらコミュニティーの維持や地域資源活用による振興など地域の活性化につながる活動をする事業。県内では日光市が初めてで、10月から足尾地区で2人が活動しており、栗山地区の2人と合わせ計4人となった。

 今回委嘱されたのは、さいたま市から移住する青山裕之さん(31)と東京都江戸川区からの土屋小枝(30)さん。

 青山さんは広告制作会社でホームページなどを製作するウェブプロデューサーとして8年ほど勤務。旅行が趣味で全国各地を旅してきたという。「現場から発信することで、旧日光から栗山への観光客の流れをつくりたい」と意気込む。

 土屋さんは、マッサージ師の経験があり、震災発生後には福島県の2次避難所で約3カ月間、マッサージをしながら高齢者と触れ合ってきた。「今後は、地元に溶け込む中で魅力を発掘し、都会とつなげる役割を担いたい」と抱負を語った。

  日光栗山・地域おこし協力隊

<下野新聞>

 
 
 
   
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
 
 
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://palms.dtiblog.com/tb.php/68-523480a5
 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
光と影 日光二社一寺、ライトアップ
光と影 日光二社一寺、ライトアップ
ホームへ
ホーム
日光手打ちそばの会が106店紹介のガイドブック
日光手打ちそばの会が106店紹介のガイドブック

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved