ファンキー日光!Pro

 
 

湯西川で「プロジェクト」開始

  1. 12:41:57
亜細亜大(東京都武蔵野市)で観光を学ぶ学生たちが、湯西川地区の振興策を考える「湯西川魅力拡大プロジェクト」をスタートした。11〜13日には20人余りが現地入り。各戸を訪ね、中学生以上の住民全約500人に配ったアンケートの回収に当たった。代表を務める同大経営学部3年の浅見幸恵さん(21)は「若者にも湯西川の魅力を知ってもらえるよう、良さを拾い上げていきたい」と話している。

 プロジェクトは、同学部ホスピタリティ・マネジメント学科の二つのゼミが、合同で取り組む。メンバーは2、3年生計27人。

 湯西川との出合いは、ゼミ生を指導する小林天心教授(67)が4年前、湯西川温泉旅館組合にアドバイザーとして招かれたことがきっかけという。

 同温泉の宿泊者は15年前のピーク時に約40万人を数えたが、昨年は約22万人にまで減少。今回、より魅力的な湯西川の将来について、学生から何か役立つ提案ができないか、と取り組むことにした。

 アンケートは、現状の受け止め方、外国人観光客などについて聞いた。観光関係者以外の思いもくもうと、中学生以上の全住民に実施。各戸を訪ね、事前に配っていた用紙を回収しながら、対面での聞き取りも行った。

 「話を聞いていくと、観光施設や景観について思っていることがあった」と浅見さん。アンケート結果は1月までにまとめ、早ければ3月ごろ、湯西川で報告会を開きたいという。学生を受け入れた本家伴久の浅野容宏さん(72)は「結果には関係者だと分からない側面も表れるのでは。若者の視点にも期待したい」と話している。

<下野新聞>

 
 
 
   
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
 
 
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://palms.dtiblog.com/tb.php/70-7bc77bd7
 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
日光手打ちそばの会が106店紹介のガイドブック
日光手打ちそばの会が106店紹介のガイドブック
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved